上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年スタイリングボードを作りに来て下さったFさんが、また来て下さいました。Fさんのポーセラーツ教室のブロクはこちらをご覧下さい。
材料はこちらで用意しました。、塗料はターナーのミルクペイントです。
福澤様窓枠①

材料をカットして、ダボで組み立てる為に穴をあけています。
福澤様窓枠②

ボンドでダボを接着して、ハタガネで固定し、ボンドが固まるまで、休憩・・・コーヒーブレイクです。
福澤様窓枠③

ハタガネを外し、下枠の部分に幅広の板を取付ます。カウンター替わりです。
福澤様窓枠④

組立完了。用事があるとの事で本日はここまでです。次回塗装します。
福澤様窓枠⑤

福澤様窓枠⑥
スポンサーサイト
ご自宅のインテリアを着々とDIYしているMさん。今回は余った材料で窓枠を作ります。まずは、材料を置いて、どんな窓枠にするか検討。
森北さん窓枠①

ダボで接合しようと試みましたが、材料が思いのほか固く、穴あけがうまくいかず、ボンドの接着のみにしました。
森北さん窓枠②

クランプで固定して、固まるのを待ちます。
森北さん窓枠③

接着が出来たので、オイルステインの茶色で塗装。
森北さん窓枠④

更に、白を上塗りします。乾いたら、表面を削って仕上げます。完成品はMさんのご報告待ちです。Mさん、よろしくお願いします。
森北さん窓枠⑤
以前に紹介したnoixさんのコルクボードのアレンジ。ご自宅にディスプレイした写真を送って下さいました。こちらは施工中です。
コルクボード棚②

そしてこちらが、ご自宅の写真です。コルクボードの上に棚を取り付けて、小物を置けるようにしています。ちょっとした工夫でこんなに変わるんですね。
アトリエ机
ぴんぽいんとパソコン教室のranakoさんが、扉付きのコルクボードを作りにいらっしゃいました。コルクボードは既製品のもので、その周りに新しい枠を取り付けます。手前に写っているのは、ranakoさんの描いた図面です。
コルクボード①

こちらは、扉です。軽い材料を選んでいたので、ボンドのみで接着しました。忙しいranakoさん、1日目はここまで。2時間ぐらいの作業でした。
コルクボード②

2回目のご来店は、下塗りのオイルスイテンからです。
コルクボード③

オイルステインの上からバターミルクペイントを塗りました。これは1度塗り目です。まだ下塗りの色が透けています。湿度が高いためか、なかなか乾かず、忙しいranakoさんは、また日を改めていらっしゃる事になりました。
コルクボード⑤

3度目のご来店。バターミルクペイントを2度塗りして、サンダーで削って仕上げました。しかし、やはり予定が詰まっており、完成は次回に持ち越しです。
コルクボード⑥

コルクボード⑦

先日、ついに完成した扉付きコルクボード!!枠材に細い材料を使ったので、繊細な感じになりました。素敵です。
コルクボード⑩

扉を開けるとこんな感じです。コルクボードは子供のいる家庭には必需品ですよね。しかし自宅でパソコン教室をしているranakoさんは、プラベートな予定が見えてしまうのはお互いに嫌ですし、インテリア的にも周りと合わないので、扉を付けるというアイディアを思いついたそうです。扉には後日布を貼る予定との事。完成した作品を早く見たいです!!ranakoさんよろしくお願いします。
コクルボード⑨

こんな、忙しいranakoさんでも、ちょっとした隙間の時間にご来店頂き、作品を完成させる事が出来ました。作成中の作品は当スタジオが責任を持ってお預かりしますよ。時間がない!という方も是非お問い合わせ下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。