上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ディアウォールを作りに来て頂いたYさんが、週末にディスプレイをしたとの事で、画像を送ってくださいました。「シンプルなインテリアに憧れはあるけれども、子供が小さい今はむずかしい。実用的な収納にしました。」との事。いえいえ、十分素敵なインリテアになっていますよ!
山本家①

子供達のゲーム機、充電器、時計等がスッキリと納まっています。一番下の段には、以前は床に放置されていたコンセントを設置。配線は花柄の布て隠しています。緑の布は100均の滑り止めシートだそうです。いいアイディアですね。
山本家③

上の方には写真たてやラジオ。写真では見えませんが、釣り糸をぐるりと巻いて、落ちないようにしているとの事です。ここに置いたものは、以前は出窓のカウンターに置いてありました。出窓のカウンターの上をスッキリさせたい!と言うのが、Yさんの願いでした。Yさん写真ありがとうございました。これからも、少しずつDIYでお部屋をリニューアルしていきましょう!
山本家②
スポンサーサイト
4人家族で一戸建にお住まいのYさん。お仕事や家事に忙しい中、DIYをやりに来て下さいました。
目的はキッキンとダイニングの間に間仕切り兼飾り棚を作る事です。写真中央にある白い物体は、食洗機の後ろ姿です。ダイニングから丸見えなので、気になっていたようです。
山本さん⑤

Yさんから、相談を頂き、まずは置くものを決めて、簡単なスケッチを描いてみて下さいとアドバイスしました。これがYさんのスケッチです。スケッチを送って頂き、こちらで、おおよその材料費を伝えました。今回はディアウォールと材木で5000円ぐらいでした。
山本さん①

材料をカットし組み立てて、クランプで固定したところです。今回はYさんの希望でボンドなしです。
山本さん②

棚板を柱にビス止めしてるいYさん。始めての電気ドリルとの事。
山本さん③

約2時間半で完成です。
山本さん④

ご自宅に設置してみました!ディアウォールは上部にスプリングが入っているので、ビスで固定しなくても簡単に柱を建てる事が出来ます。簡単に・・・といっても今日はかなり気温が高く、位置を決めて設置するのに女二人で汗だくです。しかし、なんとか小学生のお子さんが帰宅する前に設置完了。
山本さん⑥

木目のままが良いとの事で、今回は塗装なしです。
山本さん⑦

これから、徐々にディスプレイをしていくとの事です。その後の様子を後日リポートします。Yさん、よろしくお願いします。
山本さん⑧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。