上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、ほぼ仕上げたNさんの靴箱、詳しくはコチラ
ついに完成しました。
白く塗装した部分は、ターナーのアンティークメディウムでエイジング加工をしてみました。セリアで買った取って、ビバホームで買った金物を取り付けると、見違えるように作品が締まりました! 
中橋様靴箱完成①

側面はスノコを利用しています。
中橋様靴箱完成②

扉にはマグネット式のキャッチを取付ました。
中橋様靴箱完成③

後ろから見ると、こうなっています。通気性抜群の靴箱です。この靴箱はNさんのお姉様からのオーダー品なので、いつも以上に細部にも、気を配って作っていらっしゃいました。Nさんのように木工にチャレンジしたい方、1月30日(金)2月27日(金)のワークショップで、プチDIY体験してみませんか?詳しくはこちらをご覧下さい。中橋様靴箱完成④
スポンサーサイト
先日靴箱の組立まで終わっていたNさん。その時の記事はコチラ本日は、扉の取付をします。4mmのベニアに1×4材を半分にカットした材料を取付ます。写真はボンドで仮止めしているところです。カーテンのサンプル帳がいつも重し替わりになっています。
中橋靴箱扉①

枠を取り付けた扉を白く塗装しました。
中橋靴箱扉②

天板の部分にはオイルステインで塗装した板を貼り付けます。ビスや釘の頭が見えない、きれいな天板の完成です。またもやサンプル帳が重しに・・・
中橋靴箱扉③

丁番の取付に取り掛かりました。かなり手こずりましたが・・・
中橋靴箱扉④

何とか、開け閉め出来る扉が完成!!(合わせの部分でぶつかったり、右と左が段差が出来てしまたったりしたのです。)結果的に、こんなに素敵に仕上がりました。次回は金物を取付、塗装にもひと工夫する予定です。
中橋靴箱扉⑤
お姉さまからの依頼で、下駄箱を作る事になったNさん。いつもの通り、図面を描いていらっしゃいました。材料の拾いも自分でやり、ホームセンターで調達して、ご来店。
中橋さん下駄箱①

スノコを側面に使い、棚板はSPFで作ります。
中橋さん下駄箱②

ここで、問題発覚!スノコの下地材の位置がかなりアバウト!スノコを棚に利用する場合は、要注意です。思考錯誤して、なんとか、組立てました。
中橋さん下駄箱③

棚板取付完了です。
中橋さん下駄箱④

こちらは、下駄箱の背の部分。補強と背板を兼ねて、SPFを取付けました。下駄箱は通気が良い方がいいので、背の部分は完全には塞ぎません。(ちなみに、前の部分には後日扉を作って取り付けます。)
中橋さん下駄箱⑤

今年1年、様々な作品を作ったNさん。始めは、スタッフと一緒に作っていましたが、最近はすべて一人で出来るようになりました。来年はもっと高度な技に挑戦してみようという目標もお待ちです。私も負けないように、精進していきたいと思いてます!ちなみにNさんの今年の漢字は「創」だそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。