上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この窓に、カウンターを付けたいとのご希望。
実は、この窓は数年前に当社でリフォームさせて頂いた時に取り付けました。
隣の公園が借景となり、季節を感じられる窓なんです。
出窓施工前


まず、簡単に図面を描いてみました。
出窓①

図面を見ながら、材料の寸法を計っています。
出窓②

卓上丸ノコでカットします。1×6材までは、これでカット出来ます。
出窓③

カウンター部分は1×6材をダボを使ってジョイントします。
出窓④

足の部分の補強材を取付する為に、ボンドで仮止めしています。
出窓⑤

ボンドが乾いたら、ビス止めします。ダボ錐で穴を掘って、ビスが埋まるようにします。
出窓⑥

それぞれに作った部材を組立ます。
出窓⑦

塗装で仕上げる前に出来上がったものを、自宅で合わせてみました。
ぴったりです。
出窓仮置き②

出窓仮置き①

1日で組立てまで終了しました。、あとは、棚板を追加したり、幕板を付けたりして、仕上げる予定です。
スポンサーサイト
先日、お客様から頂いたものです。
LEDキャンドルです。キャンドルのゆらぎをLEDで表現したものです。
キャンドルラック①

点灯すると、こんな感じです。暗いところに置くと、なかなか良い感じです。
キャンドルラック②

スタジオの端材を使って、このキャンドルをいかすザデインを考えてみました。
キャンドルラック③

材料をカットして、仮止めします。
キャンドルラック④

上の部分を屋根のようにしたかったのですが・・・うまくいきません。
それでも何とか、それなりに作りました。
キャンドルラック⑤

こんな風になりました。課題満載です。
キャンドルラック⑥

色を塗りました。
キャンドルラック⑦

屋根の部分には、同じお客様から頂いた革を貼ってみました。
ところどころキズがあるのは、端材だからです。すみません・・・
キャンドルラック⑧

こんな物も作ってみました。こちらは、ガラスがピンク。
キャンドルラック⑨

もう少し完成度を上げて、また、ブログに載せたいと思います。乞うご期待!!
キャンドルラック⑩
ターナーカラースパイスの店長さんが、DIYスタジオ・エルでワークショップを開催!!
ターナーミルクペイントを使って、エイジング加工のテクニックを教えて頂きます。
ターナーミルクペイント①

私はJカラーはいつも使わせて頂いてますが、ミルクペイントは始めてです。
このような特徴があるようです。
ターナーミルクペイント

カラーバリエーションは16色。店長さんによるとアンティークな風合いを出しやすい色との事。
milk_item.jpg

クラッキングメディウムやアンティークメディウムを使うと、このような風合いが出せるのです!
施工イメージ①

ワークショップの概要

作業内容
①「クラック」「サビ」「ハガレ」のテクニックを講師と一緒に作業しながら体験します。(A4のハレハレパネを3枚使い、それぞれ、お持ち帰り頂けます。
②慣れてきたところで45cm×30cmのシナランバー(厚み18mm)のスタイリングボードを作成します。
スタイリングボードとは、写真撮影の背景にするボードの事ですが、インテリアとしても利用出来ますよ。
このようなイメージです。(写真はハレパネです。)
※スタイリングボードの大きさを、ご指定される場合は、事前にご連絡下さい。(大きさにより金額が変わる場合があります。)
クラック①錆加工

日時
9月26日(金)AM10:00~PM1:00(PM4:00まで開放しています。)

料金
①のみの方2,000円(蕨市の方1,500円)
①・②の方3,500円(蕨市の方3,000円)

講師
ターナーカラースパイス店長 遠藤さん
遠藤さんの作品
クラック②

木目ペイント

模様

壁汚し

お申し込み  
お電話でご予約頂くか、当ブログの問い合わせフォームでお申し込み下さい。
作業内容等のお問い合わせ、ご要望もお待ちしています。
※参加人数が多い場合には、2部制とさせて頂きますので、ご了承下さい。 
※塗料はご用意していますが、色・分量に限りがございますので、ご希望の色がある場合は、ご用意頂くか、
あらかじめご注文下さい。              
ターナー色彩さんが、ミルクペンイトを新製品として出したとの事で、当スタジオでデモンストレーションをして頂ける事になりました。本日、秋葉原のカラースパイスに打ち合わせに行ってきました。
塗料の後ろのタイルのようなものも、塗装です。このショールームの塗装は店長の遠藤さんが手がけており、
テクニックとセンスが素晴らしいです。
タイル調

これは、ハレパネ(紙)に塗装したもの。
金属の風合いが出ています。
錆加工

これも、ハレパネに塗装したもので、クラッキング処理をしています。
クラック①

壁紙を塗装したもの。木の風合いを出すとともに、クラッキング処理をしています。
クラッキング処理したものにガムテープわ貼っても、塗膜はくっついてこないです。
つまり、かなり丈夫。
クラック②

壁紙に模様を描いています。
木目ペイント

壁紙の上にコラージュして、さらに塗装したもの。
模様

木部のエイジング加工
エイジング家具

壁の汚し加工
壁汚し

木部の汚し加工。普通の杉板がこんなに素敵に・・・この棚欲しい・・・
杉板汚し

このようなエイジング加工の中から、いくつかピックアップして、ワークショップを企画します。詳しくは後日お知らせしますが、ご要望等ありましたら、お聞かせ下さい。
もう成人された、お子様の思い出がつまったハンガーラックを何かにリメイクしたいというお客様がいらっしゃいました。
お客様がお持ちになった時は分解されていたのですが、とんがり帽子が特徴的だったので、後で調べてみたら、
まだ、販売されていました!20年以上前からあるというのは、かなりのロングラン商品ですよね。

幼い頃の息子さんが、ハンガーラックに一生懸命洋服やカバンを掛けていた姿が思い出されるとの事。
ハンガーラック

そこで、未来のお孫さんに使ってもらえるよう「積み木」にする事にしました。
積み木①

卓上丸ノコでカットし、切り口をヤスリで削ります。
積み木②

こんなに沢山の積み木が出来ました。部材をジョイントする為にボルトが付いていたり、穴があいている部分は、あえてそのまま残しました。色々な組み合わせで楽しめそうです。元々は、クリアラッカーが塗られていて、きれいな状態でしたので、切り口の部分にペンキを塗りました。
積み木④

完成です。スタジオの端材で木箱を作り収納する事にしました。(写真撮り忘れました・・・)
積み木⑤

どうやら、未来のお孫さんは、少しだけ現実味を帯びてきていているようです。この積み木で遊んでいる姿みたいなぁ・・・それには、このスタジオを長く続けなくては・・と思いました。

出来上がったパーツを組み立てます。セリアの取っ手とドイトの兆番です。
キーケース完成①

キーケース完成②

このようになりました。
キーケース完成③

開けるとこんな感じです。
キーケース完成④
8月12日の「子供工作教室」には、午前中に19人、午後に3人の子供達が参加してくれました!
開始早々、子供達のパワーに圧倒され、テンパってしまいました。
その分、お母さん方が助けて下さり、みんな、なんとか作品を完成させてくれました。
糸ノコで板を切り抜き、色を塗っています。
作業風景①

切り取る形を板に写しとるのを手伝っているのが、今回お招きした先生。
子供達に指導するのではなく、自由に作らせるのがモットーとの事。
お母さんと相談している子もいます。
作業風景②

小学校4年生ぐらいから、糸ノコが自分で出来るようです。
3年生までは、なかなかむずかしかったようです。それでも、がんばっています。
作業風景③

最後にヒモを取り付ける穴をドリルであけました。
作業風景④

ここからは子供達の作品です。
シンプルなスイカと、ミドリの黒板とのコントラスト。
なかなかデザイン性が高いです。
子供作品①

黒板部分を斜めにする発想がズコイ。
貝殻や小さなお魚は、自分で用意してきたようです。
子供作品②

友達どうし、兄妹は同じような作品になる傾向があるようです。
でも、お魚の模様やデコレーションが違いますよね。ヒレに貝殻を使っているのがかわいいです。
子供作品③

黒い板を利用して、花火かな?インパクトあります。
黒板も使いやすそう。
子供作品④

作者はなかなかのこだわりの持ち主でした。
上のバネルと下の黒板をつなげたり、三角の積み木をくっつけたりしたのが、なかなか乾かなくてごめんなさい・・・
亀さん、かわいいです。
子供作品⑤

夏らしい作品です。ビーズの使い方が上手です。
子供作品⑥

イルカは躍動感ありますね。ビーズが水しぶきになっているのかな。
黒板部分がきれいに塗れています。
子供作品⑦

アイスクリームを上手にくり抜きました。
ピンクの黒板にキラキラが良くあっています。
子供作品⑧

細かい図柄だったので、「雲は書いちゃおうか」と提案しましたが、どうしてもなっとくできなかったようで、
みんなが終わった後にね雲もがんばってくり抜いたいました。変な助言しちゃってごめん・・・
子供作品⑩

このスイカ、種がキラキラ。赤とピンクでパワフルな作品です。
子供作品⑪

小2の男の子の作品。エイをくり抜き黒板にしました。
まわりには海の生き物がいっぱい書かれています。
子供作品⑫

こちらは、小3男子。男子は魚好きですね。
ミドリの黒板にミドリのサメなので、よーく見ないとわからない!
あえて、そうしたそうです。
子供作品⑭

こちらは、小4男子。小4ぐらいから、くり抜きが自分で出来るようです。
子供作品⑮

こちらは、小2男子。なんともいえない雰囲気わかもしだすお魚。
「深海だね」と先生。
子供作品⑬

午後作った子供達で記念撮影。
女の子二人は、1つ1つ丁寧に考えながら作っていました。午後なので、ビーズがほとんどなくなってしまって、ごめんね。
手前にいる男の子の作品は・・・
子供作品⑯

ジパニャンでした!ジバニャンへの愛があふれる作品。今回の最優秀作品にしたいと思います!!
子供作品⑰

最後になりますが、今回参加して下さったみさなん、ありがとうございました。
至らない点が多く、ご迷惑わお掛けしました。これにこりずに、また参加して下さい!
8月12日の「子供工作教室」の準備をしました。
15人~16人の子供達が来てくれる事になり、スムーズにすすむように、頭を悩ませながらの作業でした。

手順を黒板に書いてみました。
工作 手順

材料と道具は一つのテーブルにまとめました。
工作 材料

レイアウトも少し変えました。
工作レイアウト
こちらは、ママ達のスペースです。
親子で楽しい時間を過ごして頂けるよう、当日頑張ります!
工作待合室
8月12日の「子供工作教室」と同時開催の「ワンコインで女子力UP」企画にご協力頂くanreizさんが
自宅サロンの写真をおくってくれました。
メニューの黒板もかわいいし、となりの古木のようなオブジェも、かなり気になります。
anreiz_menu.jpg

落ち着いた雰囲気の中に、かわいらしい小物がアクセントになっています。
anreiz.jpg

実は、anreizさん本人も癒し系なんですよ。
控えめな、やさしい声で、アドバイスしてくれるんです。
8月12日、anreizさんに是非会いに来て下さいね。

「子供工作教室」は沢山の子供達が集まってくれそうです。
親子で楽しい時間を過ごして頂けるよう、鋭意準備中です。
試作品
今日は、かわいいお客様が遊びに来てくれました。
卓上マルノコのカットに挑戦したのは、6年生の女の子です。
沢山持っているというヘアーアクセサリーを収納する箱を作りにきました。
お姉ちゃんカット

カットが終わったら、ボンドと釘で組み立てていきます。
釘打ちは、すぐに慣れていました。子供の吸収力はすごいです。
お姉ちゃん釘打ち

タボつぎにも挑戦し、組立が終わると、塗装です。「フロストグリーン」という色を選びました。
お姉ちゃん塗装


セリアのラメのシールでデコります。この時が一番楽しそうでした。
お姉ちゃんデコ

妹達も負けてはません。4年生と年長さんです。
4年生は、お姉ちゃんと同じものを、色塗りからスタート。
年長さんはセリアの木箱をアレンジします。
妹達塗装中

3人3様に頑張っています。
3人作業中

以外に几帳面です。隅の方まで、しっかり塗装。
まいちゃん塗装

箱の中にもラメのシールを貼っています。この発想は大人にはないかも。
マイちゃんデコ

3人とも、1日で作品が出来上がりました。
お姉ちゃん
お姉ちゃん完成①
お姉ちゃん完成②

4年生
ほのちゃん完成①
ほのちゃん完成②

年長さん
まいちゃん完成①
マイちゃん完成②

それぞれに、個性が出ていて、どれも素敵な作品でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。