上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ご紹介したキックボードの収納、noixさんが実際に玄関で使っている写真を送ってくれました。
キックボード④

キックボードが倒れて置き去りにされる事がなくなり、便利に使っているとの事。ちなみに我が家は玄関が狭いのでキックボードはたたんでしまっているのですが、子供がたたむのは少し大変なんですよね。これなら、子供でも簡単に片付けの習慣が出来そうです。いつも子供の目線で考える、やさしいママのnoixさんです。
新井邸キックボード
スポンサーサイト
本日ターナーカラースパイスの店長、遠藤さんが出張ワークショップをして下さいました。
3パターンのエイジング加工を試作した後、気に入った加工方法でスタイリングボードを作成するという、盛りだくさんの内容です。あまりに、盛りだくさんなので、今日はクラック加工のご紹介をします。中央の帽子の女性が遠藤さんです。まずは遠藤さんのデモンストレーションから。
クラック加工①

デモンストレーションが終わると、早速実践です。まずは下地作り。海綿を使ってターナーのミルクペイントをポンポンと叩いて色をつけます。ダンボールをパレット替わりにして、3色ポンポンします。
クラック加工②

皆さんそれぞれに、色を選びしまた。全体に色がついたら乾かします。
クラック加工③

下地の塗装が乾いたら、ターナーの「クラッキングメディウム」というものを全面に塗ります。塗り終わったらドライヤーで乾かします。指で触ってみて、少しべたつくぐらいで上塗りをします。乾かし過ぎるとクラックが入らないとの事。
クラック加工⑤

白で上塗りしていきます。すると、瞬く間にパリパリとクラックが入ります。上塗りは1度で仕上げるのがポイントで重ならないように白を塗っていきます。刷毛目は乾くとほとんど目立たなくなります。
クラック加工⑥

下塗りの色が違うと、雰囲気が変わりますね。クラッキング塗装は乾くとガムテープを貼っても取れないそうです。半乾きの時にわざと一部をテープで剥がすと、よりエイジング感が増します。
クラック加工⑦

今日のレポートはここまでです。次回は「サビ」をレポートします。
noixさんが、DIYスタジオ・エルでリースのワークショップをして下さいました。noixさんは当スタジオのご近所にお住まいのクリエイターさんです。ご家庭を大事にしながら、家事のあいまにご自身のスキルを磨き、徐々に活動の場を広げていらっしゃいます。ワークショップの合間にも、お子さんの話がチラッと出たりして、和気あいあいとして雰囲気でした。
新井さんワーク①

あらかじめ、一人分の材料をカゴに入れてくれています。オレンジを見て思わず匂いを確認してしまいました。オレンジの香りがしましたよ。
新井さんワーク②

こちらは、プラスしても良い材料です。1つ1つ名前を教えて下さいましたが、覚えられず・・・。手作りの材料もありましたよ。
新井さんワーク③

配置のコツを教えて頂き、まずは仮置きします。
新井さんワーク④

仮置き完了。仮置きの完成度が高かったHさんの作品です。配置が決まったらクルーガンで固定していきます。
新井さんワーク⑥

4人それぞれの「秋色リース」が完成しました!まさに実りの秋。
新井さんワーク⑧

私の作品です。小さいサイズを選びましたが、なかなかボリュームがあって大満足です。
新井さんワーク⑦

残った材料でnoixさんが作ったミニスワッグ。ちょっとした工夫で暮らしを豊かにする方法を教えて頂いたような、ワークショップでした。DIYスタジオ・エルでは地元のクリエイター女子を応援します! 「私も!」という方は是非お声がけ下さい。
新井さんワーク⑨
ぴんぽいんとパソコン教室のranakoさんが、扉付きのコルクボードを作りにいらっしゃいました。コルクボードは既製品のもので、その周りに新しい枠を取り付けます。手前に写っているのは、ranakoさんの描いた図面です。
コルクボード①

こちらは、扉です。軽い材料を選んでいたので、ボンドのみで接着しました。忙しいranakoさん、1日目はここまで。2時間ぐらいの作業でした。
コルクボード②

2回目のご来店は、下塗りのオイルスイテンからです。
コルクボード③

オイルステインの上からバターミルクペイントを塗りました。これは1度塗り目です。まだ下塗りの色が透けています。湿度が高いためか、なかなか乾かず、忙しいranakoさんは、また日を改めていらっしゃる事になりました。
コルクボード⑤

3度目のご来店。バターミルクペイントを2度塗りして、サンダーで削って仕上げました。しかし、やはり予定が詰まっており、完成は次回に持ち越しです。
コルクボード⑥

コルクボード⑦

先日、ついに完成した扉付きコルクボード!!枠材に細い材料を使ったので、繊細な感じになりました。素敵です。
コルクボード⑩

扉を開けるとこんな感じです。コルクボードは子供のいる家庭には必需品ですよね。しかし自宅でパソコン教室をしているranakoさんは、プラベートな予定が見えてしまうのはお互いに嫌ですし、インテリア的にも周りと合わないので、扉を付けるというアイディアを思いついたそうです。扉には後日布を貼る予定との事。完成した作品を早く見たいです!!ranakoさんよろしくお願いします。
コクルボード⑨

こんな、忙しいranakoさんでも、ちょっとした隙間の時間にご来店頂き、作品を完成させる事が出来ました。作成中の作品は当スタジオが責任を持ってお預かりしますよ。時間がない!という方も是非お問い合わせ下さい。
お客様がSPFの1×4材でウッドデッキを作りました。まずは図面を作成。
ウッドデッキ①

材料の大きさが決まったら、カットしていきます。
ウッドデッキ②

カットが終わると組立てをして仮止め。補強材から組み立てています。30×30の角材を使いました。
ウッドデッキ③

仮止めのボンドが固まったら、ビス止めします。
ウッドデッキ④

デッキにする1×4を補強材にビスどめします。
ウッドデッキ⑤

ウッドデッキ⑥

組立が終わったら、塗装です。ターナー色彩のエシャを使いました。
ウッドデッキ⑦

足を付けるとこんな感じです。設置するペランダが平らではないので、高さを調整出来る足にしました。通常はフリーフロアーの足に使う部材です。
ウッドデッキ⑧

ご自宅で設置してみました。高さ調整が大変でしたが、なんとか納まりました。実はこれはわんちゃんの為のウッドデッキでした。気に入ってくれたかな?
ウッドデッキ完成
9月26日(金)の「エイジング加工テクニック講座」は、まだまだ参加者募集中です。興味のある方は「問い合わせ」をクリックしてメールを頂くか、お電話下さい。詳しくは8月25日の記事参照

3種類のエイジングテクニックをワークショップ形式で学び、スタイリングボードをつくるのですが、スタイリングボードって何?という方の為に、ranako先生に実際にスタイリングボードを使って写真を撮って頂きました。

塗装してエイジング加工した板です。
錆加工クラック①

フォトスタイリングした写真です。
フォトスタ④

フォトスタ③

フォトスタ②

フォトスタ①

近日発売予定のnoixさんのキャンドル&リースも撮ってもらいました。
ブルーキャンドル

白キャンドル

ピンクキャンドル

ranako先生、素敵な写真をありがとうございました。
こんな写真が撮りたいかた、エイジングテクニックわ身につけたい方、是非ワーンショップに参加して下さい。
端材がたまってきたので、小物を試作してみました。DIYは、古いものや余ったものの再利用が出来きます!材料を使い切る事を目標にしています。と、いうわけでこのような物を工作してみました。
IMGP2915.jpg

こちらも、リフォーム工事で余った塗料を再利用(白い方)天井に塗る白い塗料ですが、白すぎたのでJカラーの象牙色を混ぜてみたら、少しクリームがかった色になりました。
IMGP2925.jpg

このように組み合わせると、リースが一味違う感じになります。
IMGP2929.jpg

こんなスノコが1つあるだけで。お部屋のコーナーが引き立つのではないでしょうか?
IMGP2928.jpg

これらの物は2~3時間で完成しますよ。季節の変わり目、お部屋のインリテアをリニューアルしてみては?
今日は、当スタジオに協力頂いている
キックボード
... 続きを読む
先日、スタジオで途中まで作り、お家に持ち帰って大きさを確認した「手作り出窓」の完成編です。
AM10:00から始めて、PM3:00には完成しましたよ。
出窓仮置き①

また、スタジオに持ち帰り、棚板を1枚追加。そして、補強材の切り口が見えてしまうので、隠そうと思います。
出窓完成①

これが、隠す材料です。「巾木」です。洋室の壁と床のジョイント部分に取り付ける材料です。1辺がトリマー加工されているので、これを利用してみます。巾が10cm以上あったので、丸ノコで巾をカットします。
出窓完成②

ボンドと隠し釘で取付ます。ボンドが固まったらピンクの部分を折ってしまいます。
出窓完成③

サンダーで表面をなめらかにします。
出窓完成④

気を付けないとサンダーの後が塗装の後にクッキリ出ます。
出窓完成⑤

ターナーの「エシャ」で塗装します。木工ボンドがはみ出したり、表面についていたりすると、オイルステインを弾いてしまいます。今回も少しだけ、そんな部分がありましたが・・・気にしないそうです。
出窓完成⑥

完成しました。お客様が作っている間に、私はハロウィンのオーナメントを作成。
出窓完成⑦

ご自宅で撮影。明るい内装のお部屋ですが、落ち着いた塗装が部屋にしっくりなじまみした。 大成功!
出窓完成⑧

出窓完成⑨

出窓完成⑩
ちなみに、これが出窓がない状態です。出窓があった方が絶対に素敵です!このアイディアはお客様が考えで、図面から作りました。少しの工夫で、快適な暮らしが手に入るのが、DIYの醍醐味です。皆さんもDIYスタジオ・エルに相談に来てくださいね。
出窓施工前
同じ板橋区の会社という事で、お知り合いのイザワオプトさんに、新商品のLEDキャンドルを貸して頂きました。それをモチーフにディスプレイを色々と考えでみました。

これは以前に紹介した事がある「額縁プランター」奥の方でユラユラとしているのがLEDキャンドルです。手前のアートフラワーはnoixさんに作って頂きました。
額縁プランターのディスプレイ

白いキャンドルグラスです。手前のお花はセリアです。
LEDキャンドル白

青いキャンドルグラスです。
LEDキャンドル青

これらの飾り棚はスタジオの端材を利用して作りました。製作時間は2時間程度です。気分転換とお部屋のリニューアルを兼ねて、是非スタジオに作りに来て下さい。
LEDキャンドル全部

このライトはイザワオプト楽天で買うことが出来ますよ。
noixさんとのコラボでクリスマスリース付きのLEDライトも企画中なので、お楽しみに(´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。