上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月12日の「子供工作教室」には、午前中に19人、午後に3人の子供達が参加してくれました!
開始早々、子供達のパワーに圧倒され、テンパってしまいました。
その分、お母さん方が助けて下さり、みんな、なんとか作品を完成させてくれました。
糸ノコで板を切り抜き、色を塗っています。
作業風景①

切り取る形を板に写しとるのを手伝っているのが、今回お招きした先生。
子供達に指導するのではなく、自由に作らせるのがモットーとの事。
お母さんと相談している子もいます。
作業風景②

小学校4年生ぐらいから、糸ノコが自分で出来るようです。
3年生までは、なかなかむずかしかったようです。それでも、がんばっています。
作業風景③

最後にヒモを取り付ける穴をドリルであけました。
作業風景④

ここからは子供達の作品です。
シンプルなスイカと、ミドリの黒板とのコントラスト。
なかなかデザイン性が高いです。
子供作品①

黒板部分を斜めにする発想がズコイ。
貝殻や小さなお魚は、自分で用意してきたようです。
子供作品②

友達どうし、兄妹は同じような作品になる傾向があるようです。
でも、お魚の模様やデコレーションが違いますよね。ヒレに貝殻を使っているのがかわいいです。
子供作品③

黒い板を利用して、花火かな?インパクトあります。
黒板も使いやすそう。
子供作品④

作者はなかなかのこだわりの持ち主でした。
上のバネルと下の黒板をつなげたり、三角の積み木をくっつけたりしたのが、なかなか乾かなくてごめんなさい・・・
亀さん、かわいいです。
子供作品⑤

夏らしい作品です。ビーズの使い方が上手です。
子供作品⑥

イルカは躍動感ありますね。ビーズが水しぶきになっているのかな。
黒板部分がきれいに塗れています。
子供作品⑦

アイスクリームを上手にくり抜きました。
ピンクの黒板にキラキラが良くあっています。
子供作品⑧

細かい図柄だったので、「雲は書いちゃおうか」と提案しましたが、どうしてもなっとくできなかったようで、
みんなが終わった後にね雲もがんばってくり抜いたいました。変な助言しちゃってごめん・・・
子供作品⑩

このスイカ、種がキラキラ。赤とピンクでパワフルな作品です。
子供作品⑪

小2の男の子の作品。エイをくり抜き黒板にしました。
まわりには海の生き物がいっぱい書かれています。
子供作品⑫

こちらは、小3男子。男子は魚好きですね。
ミドリの黒板にミドリのサメなので、よーく見ないとわからない!
あえて、そうしたそうです。
子供作品⑭

こちらは、小4男子。小4ぐらいから、くり抜きが自分で出来るようです。
子供作品⑮

こちらは、小2男子。なんともいえない雰囲気わかもしだすお魚。
「深海だね」と先生。
子供作品⑬

午後作った子供達で記念撮影。
女の子二人は、1つ1つ丁寧に考えながら作っていました。午後なので、ビーズがほとんどなくなってしまって、ごめんね。
手前にいる男の子の作品は・・・
子供作品⑯

ジパニャンでした!ジバニャンへの愛があふれる作品。今回の最優秀作品にしたいと思います!!
子供作品⑰

最後になりますが、今回参加して下さったみさなん、ありがとうございました。
至らない点が多く、ご迷惑わお掛けしました。これにこりずに、また参加して下さい!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://diystudioelle.blog.fc2.com/tb.php/105-ebba5f94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。